展示会について

2021.12.29

コラム

当社の営業機会として、大きな位置付けになっているのが『展示会』というビジネスイベントです。

 

今回のコラムでは、そもそも『展示会』とはどのようなものなのか?

そして、弊社が実際に出展をしている展示会について、色々と情報をお伝えさせていただきます。

 

展示会とは?

コラム

展示会は、自社の製品や事業内容についての認知度を高めながら、お客様が必要な情報をその場でご提供する事ができる、など、今後のお取引に向けて新規のお客様と一歩進んだコミュニケーションが直接図れるイベントです。

 

展示会は、業界ごとに開催イベントが分かれており、出展者も業界に特化した製品・事業を行っている企業・団体ばかりが集まります。

 

そこに、出展者が提供する事業・取組みを真に必要とされているお客様が足を運んでくださることで、互いのニーズの合致が生まれやすく、お取引につながるきっかけとなります。

 

ただ、出展企業側としては、展示会に出展している出展者が多ければ多いほど競合性が高まるため、営業活動が難しくなるのも正直な部分です。

 

 

 

<来場者様との接点だけではない展示会の目的>

 

展示会にはまず、新規のお客様とのお取引に向けた、「来場者様に対する営業活動」という部分が非常に大きいのですが、実際はそれだけではありません。

 

上記でお伝えしたように、同じ展示会に出展している他社様や他団体様は、 “競合=ライバル”でもあります。

 

ですがその一方で、同じ「医療・医療機器業界」で事業を展開する会社として、互いの技術・経験を合わせながら、よりよい製品を世の中に生み出していくため、協業として業界に貢献していける“仲間=同志”でもあります。

 

 

展示会は、数百人~数千人規模のご来場規模のものもあります。

当日商談を目的にご来場されている方、業界の動向把握や情報収集としてお立ち寄りくださる方、など、ご来場の目的は様々です。

 

弊社の社員がブースに立ってご来場者様に直接お声を掛けさせていただくことで、弊社の雰囲気をお伝えできる場として少しでも皆様にコスミックエムイーを知っていただき、今後のお役に立てる機会につながれば…という想いで対応させていただいております。

コスミックエムイーはこのような展示会に出展しています

コラム

※写真:第12回関西ヘルスケア・医療機器開発展(2021年10月)にて

 

 

コスミックエムイーでは、年間を通して、主に以下の展示会に定期的に出展をしています。

 

■ヘルスケア・医療機器開発展

医療機器、ヘルスケア機器に搭載される部品、デバイスや、開発・製造技術、OEMサービスなどの展示会

 https://www.japan-mfg.jp/ja-jp/about/medix.html

 

■関西ヘルスケア・医療機器開発展

医療機器、ヘルスケア機器に搭載される部品、デバイスや、開発・製造技術、OEMサービスなどの展示会

 https://www.japan-mfg-kansai.jp/ja-jp/about/medix.html

 

■HOSPEX JAPAN

医療・福祉施設のための設備・機器の総合展示会 

 https://www.jma.or.jp/hospex/

 

■Medtec Japan

医療機器の設計・製造に関する展示会・セミナー

 http://www.medtecjapan.com/ja

 

■新価値創造展

幅広い業種の中小・ベンチャー企業が出展し、来場者や出展者同士をつなげ、産業に新たな価値を生み出すためのビジネスマッチングイベント

 https://shinkachi-portal.smrj.go.jp/shinkachi2021/

 

 

 

展示会では、ブースに来てくださったお客様が持っていらっしゃる製品アイディアをヒアリングさせていただいたり、どういった製品を求めていらっしゃるか、また、どのような分野のサポートを必要としていらっしゃるか、等のお客様のニーズをお伺いします。

 

そして伺った内容に対し、当社製品のご紹介や、お客様のお役に立てそうな分野についてご説明しています。

 

展示会の場には、通常の営業活動ではなかなか出会う事ができないお客様もいらっしゃり、当社の事業を知っていただく意味において大変貴重な営業活動の場であると常々感じています。

 

 

そして、展示会での出展を機にお取引をさせていただいたお客様に関しては、どちらの会社様も非常に印象に残っております。

 

今後もそのようなお取引につながるお客様との出会いがあることを願いながら、各展示会で精いっぱい、弊社製品・事業のアピールに努め、業界全体の底上げにも貢献していければと思っております。

 

まとめ

昨今、コロナ渦の影響もあり数年前と比べ展示会の規模が縮小傾向にあり、来場者の数も減っている印象がありました。

 

2020年2月に大阪で、埼玉県が県内の企業を集めて出展した展示会があったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、お客様のご来場が全く無く、最終日も途中で切り上げるほどでしたが、最近は、徐々に開催条件も緩和され、出展企業にも来場者様にも活気が戻りつつあります。

 

来年度、2022年4月のMedtec Japanにも出展が確定しており、ヘルスケア・医療機器開発展には毎年2回出展していますので、ぜひこちらのホームページをご覧のお客様と会場でお会いできることを楽しみにしております。

関連記事